シャッター付きのガレージ

一般的な家のガレージといえばパーキングスペースに屋根が付いているだけのものが多いものですが、理想的なガレージはアメリカの映画に出てくるような、シャッター付きで、リモートコントロールで開閉ができるようなガレージです。

アメリカの一戸建てのガレージは板のような扉がグーンと上に上がるような感じで開くようになっているのが一般的ですが、日本で新しくガレージを作るにはシャッターがいいでしょう。シャッターは車にリモートコントロールを持っていれば、外出から帰ってきた時に、スムーズに車庫入れができますし、いちいち車を降りて行って、シャッターを開ける必要がないので、すごく便利です。ガレージが2台以上用だださらに便利が良くなります。

 

大きいガレージをお探しならこういうとこはどうでしょう? ⇒ ガレージ

 

快適なガレージを実現します

車好きの人なら、ガレージで自分の車を手入れしたり、洗車をしたりすることになります。そういう時に長時間ガレージの中にいる時には、シャッターを開けなくてもガレージの中で作業ができるような環境がとてもいいです。水道を引いて、水が出るようにしておけばガレージの中で洗車をすることができます。床にはウォータープルーフのコーティングが施されていると水はけもよくて水を使っても大丈夫になります。車の工具などもきちんと並べて整理整頓できるようにして、まるでF1のピットのような工具入れが置いてあるととてもかっこいいですし、使うにもとても便利です。十分な広さがあればいろいろなことができるので、スペースは広めがいいです。

人間のためにも快適である必要があります。夏は特に締め切ったガレージの中はものすごい暑さになるので、エアコンが付いていると何時間でもガレージで作業をすることができます。寒い時でも車を触っていたいという人のためには暖房も付いているといいです。床がピカピカになっていると洗車をした時でもすごく綺麗になったような感じがして、清々しい気持ちになれます。

夜でも作業ができるように、照明は必要ですし、いい車はあまり表に出したくないものですから、シャッターを閉めたまま、ガレージの中で作業をすることになります。

 

部屋のようなガレージが理想的です

家とガレージのつなぎ目を考えると、ガレージに入るためのドアがあると便利です。そうすれば出入りするのにシャッターをいちいち開ける必要がないので、ドアに鍵をつけて、玄関のようにドアで出入りするようにするとすごく便利でしょう。

ガレージが広ければ、壁に沿って、ラックを組み立てて、物置としても使えます。きちんとダンボール箱に入ったものを重ねて置いたりして、家の中に入りきれないようなものを整理整頓して入れておくにはガレージはとてもいい場所です。

そして、メインのガレージは家の中からシャッターを開閉できるようにしておくといいでしょう。リモートコントロールを持ち出さなくても、家の中からシャッターを開けたり閉めたりできるととても便利です。出かけるときには家の中でシャッターを開くにしてシャッターを開け、車を出したら、コントローラーでシャッターを閉めるようにするといいです。

車はバックで車庫入れします。そこで、まっすぐ定位置にとめられるように、床にテープで線を引いておくといいです。まっすぐその線に沿って車庫入れすれば、車が左右どちらかに偏る心配がありませんし、まっすぐにきれいに車庫入れすることができます。ガレージの中にエアコンが付いていて、水道も引かれていて、棚が充実していれば、ガレージとしては理想的なものになります。住んでもいいくらい快適で、スペースがあると物置としても使えるので、とても便利で、使い勝手がとてもいいです。

関連記事

    None Found