銀行のカードローンは、消費者金融取り扱いのカードローンと比較して低金利が適用されており、おまけに総量
規制の対象には入っていないので、年間の総支給額の1/3を上回る貸出もできるのが魅力です。
消費者金融でお金を借りる場合、借入金額次第では収入証明書はいりません。全国規模の消費者金融だったら、
一般的に50万円以下の金額であれば、準備不要となっています。
審査を突破するのが比較的厳しいと言われる銀行提供のフリーローンは低金利だと言え、消費者金融提供のフリ
ーローンを利用して借り入れるより、大幅に安く済ませることが可能です。
銀行が提供しているフリーローンの最大の利点は、言わずもがな低金利だということに尽きます。貸付限度額も
高めで、利用する人にとっては本当にありがたいと言えます。
収入証明書が必要不可欠なぶん、銀行と比較して消費者金融の方が審査が厳しいと言えます。それがあるので、
まとまったお金を借りたいという場合は、銀行にお願いした方が確実でしょう。

消費者金融の場合はクライアントのプライバシーを尊重してくれるので、お金を借りるに際して実施される勤務
先への在籍確認に関する電話も、消費者金融からとバレないようにしてくれますから心配しなくて大丈夫です。

フリーローンを利用するなら、銀行系ローンが最も低金利だと言われますが、よく広告を見かける有力な消費者
金融系でも、低利息でキャッシング可能なところが目立つようになってきたように思います。
まったく収入がない場合、総量規制が適用されるキャッシング業者からは、どうあがいても借金できません。し
たがって一介の主婦が借金できるのは、銀行だけというのが実情なのです。
即日融資を利用したいと考える理由は、予定外にお金を工面しなければいけなくなった為なのですが、そういう
状況の下「収入証明書がいります!」と言われても、早々に用意することはできないのが実状です。
消費者金融にて定められた金額以上のキャッシングをするときは収入証明書が必要不可欠です。「収入証明書が
引き金になってまわりに見抜かれてしまうのではないか?」と心配する方もいます。

ローンで適用される総量規制には例外的なケースがあります。代表例を挙げると、「おまとめローン」でキャッ
シングするといった場合は、総量規制に捉われることなく、年収の1/3を超過する借り入れをすることが可能
ということなのです。
銀行が提供しているカードローンは、基本的に300万円に満たない借り入れは収入証明書は提示不要です。消
費者金融なんかより、その部分は手軽だと言って間違いありません。
貸す側となる金融機関からしたら、「お金を借りるという人が間違いなく収入を得ている」という確証を得るた
めの作業を行なうことが欠かせません。それが在籍確認だというわけです。
今日のキャッシングは幅広いニーズに応えるため、即日融資にも対応できるようになっています。しかしながら
、申し込みを入れた当日中にお金を借りるつもりなら、「インターネットでの申し込み」など、いくつかの条件
がありますので下調べしておきましょう。
原則としてどんな金融機関であっても、お金を借りるという折には審査を通過する必要がありますし、その審査
内容の1項目として本人確認を行なうための在籍確認は必ずあると思っておいたほうがいいでしょう。

関連記事